2016年3月のジュネーブモーターショーで初公開された、イタリア語で「100周年」を意味する『ランボルギーニ チェンテナリオ』は、創設者「フェルッチオ・ランボルギーニ」の生誕100周年を記念して開発されたスーパーカーです。全世界でクーペが20台、ロードスターも同じく20台の計40台のみが限定生産される価格およそ2億円のワンオフモデルで、発表と同時にその全生産予定分が完売したことが大きなニュースとなりました。「アヴェンタドール」のメカニズムをベースに、エアロダイナミクスやシャーシにも最先端技術をフルに投入。ボディは、モノコックをはじめ外装パーツや室内トリムも含め全てカーボンファイバー製とし、車重1520kgと大幅に軽量化されました。リアミッドには、ランボルギーニ史上最もパワフルな770hpを発生する自然吸気6.5リッターV型12気筒エンジンを搭載し、0-100km/h加速2.8秒、最高速度は350km/h以上を記録します。




ロードスター

 チェンテナリオロードスターはクーペに続き、カリフォルニアで行われたヒストリックカーイベント「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」で発表されました。 フェルッチオ・ランボルギーニの100周年を記念したモデルとして制作されたモデルは特別なエクステアを有しています。 低くワイドなウェッジシェイプはカウンタックから続くランボルギーニのアイコンを引き継いでいますが、既存のラインナップをそのまま使用している部分はありません。 前後のバンパーにはレースカーのようなスプリッターを備えたディフューザーやサイドスカートを装着しています。 ボディ上面もアヴェンタドールの面影を残すのはウィンドだけです。 通常販売されているアヴェンタドールロードスターにはハードトップが用意されていますが、より割り切った性格のチェンテナリオロードスターには簡易的な幌さえも用意されていません。 発表時に公開された車両には曲線美を強調するため特別なシルバー「アルジェントチェンテナリオ」が塗装されていました。 インテリアもアヴェンタドールをベースとしつつ大幅なデザイン変更が行われました。 素材はアルカンターラとカーボンを組み合わせており非常に特別な仕上げが施されています。 

ランボルギーニアヴェンタドール ミニカー特集

ランボルギーニアパレル特集(楽天)