carrozzeria PASSIONE

フェラーリ/ランボルギーニを中心とした
ミニカーカスタム、模型製作記・グッズ/動画/物色サイト

ランボルギーニ ミニカー検索

ランボルギーウラカン ミニカー特集

ウラカン (Huracán) は、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニで製造されているスポーツカーである。車名はスペイン語で「ハリケーン」を意味し、直接的な由来は1879年8月のアリカンテで行われた試合で活躍したスペインの闘牛から名付けられたもの。アウディ・R8は事実上の兄弟車である。
約10年間におよび生産され、2013年に生産を終了したランボルギーニ最大のヒット作となったガヤルドの後継車種として、ランボルギーニのサイトで正式発表された[1]。2014年3月より開催されていたジュネーヴショー2014にて正式に発表された。デザイナーは、フィリッポ・ペリーニ。特徴的なルーフのラインは、日本の折り紙から着想を受けたものである。

LP610-4




ベースグレード・モデル。


LP610-4 スパイダー


LP580-2
2WDモデル。出力は「LP610-4」から引き下げされ580馬力となる。4WDからRWDに変更されたことにより、重量配分が40:60となった。また、日本市場では「LP610-4」よりリーズナブルな2,280万円に設定されている。

LP580-2 スパイダー


LP 640-4 ペルフォルマンテ

2017年3月に行われたジュネーブショーにおいて発表された。ペルフォルマンテはイタリア語でパフォーマンスを意味する。カーボン製のリアウイングを装備するなど、カーボン多用することによって標準車より40kg軽量化を図った。最高出力は30馬力引き上げて640馬力とした。専用に開発されたエアロダイナミクス・システム「ALA(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)」を搭載。これは、内部に空気の流れを切り替えるフラップをもつ、フォージド・コンポジット製のフロントスポイラーおよびリアウイングからなるメカニズムであり、走行状況に応じてフラップを制御することにより、車両の空力特性を変化させて走行性能を高めるものである。「LP 640-4 ペルフォルマンテ」は2016年10月5日にニュルブルクリンク・サーキットの北コースにおいて 6分52秒01のラップタイムを記録した。


LP 640-4 ペルフォルマンテ・スパイダー
2018年のジュネーブモーターショーにおいて発表された。電子作動式のアクティブ・エアロダイナミクス機能(LPI:Lamborghini Piattaforma Inerziale、ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ)を搭載している。


EVO

空力性能を高めることに焦点を当てた大幅改良モデル。具体的にはフロントバンパーと一体となったウィングを備え、アンダーボディの空力性能の最適化などによって「ダウンフォースで7倍、空力効率も6倍に改善した」という。「LP 640-4 ペルフォルマンテ」と同じエンジンを搭載する。4輪すべてに作用するトルクベクタリングと4輪操舵も備わる。

EVO RWD
EVOをベースとした後輪駆動モデル。通常のEVOは4WDだが、EVO RWDではこれを省くことによって車両重量を1389kg(乾燥重量)に軽減した。エンジンは最高出力が610馬力に抑えられている。

LP620-2 スーパートロフェオ


LP620-2 スーパートロフェオ 2014年発表のワンメイクレース「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」の規定に合わせて作られたサーキット専用モデル。車重は1,270kg。

スーパートロフェオ EVO
2017年9月に発表された「LP620-2 スーパートロフェオ」の後継モデル。カーボン・ファイバー製のボディ・キットの多くの部品はエアロ・ダイナミクスの観点から再設計された。

GT3

2015年1月に本社で発表された。開発は長年パートナーであったライターエンジニアリングではなく、ダラーラとなった。同年のブランパン耐久シリーズに参戦。デビュー戦となったモンツァではデビューウィンを果たしたが、規定違反で失格となった(後に失格裁定は取り消された)。2016年度からJLOCとディレクションレーシングからSUPER GTに参戦することが発表された。2018年8月に開催された鈴鹿10時間耐久レースにJLOCから2台が出走し、15位と17位で完走した。


(text出典:ウィキペディア)


ベストプライス AUTOart 1/18 ランボルギーニ ウラカン LP610-4
ランボルギーニ ミニカー検索
ランボルギーニアパレル特集(楽天)

ブラーゴ 1/18 ランボルギーニシアン

ブラーゴのシアンが日本でも流通するようになってきましたね。
ブラーゴのスピーディな製品化にはいつも驚かされますね。

クオリティ重視の方は、敬遠するブランドかと思いますが、近年はクオリティーも向上し、雰囲気を楽しむには十分だと思います。何より、何か心に”ぐっ”と迫る魅力がブラーゴにはあると思います。 オートアート等からの発売が待ちきれない方は、つなぎ?のつもりでwww


レゴは趣味じゃなんですが、お子様のプレゼントにいかがでしょうか?身内にスーパーカーファンを増やして肩身の狭い立場から脱却しましょうw




ベストプライス AUTOart 1/18 ランボルギーニ ウラカン LP610-4

朗報です!
ガヤルド GT3 FL2 同様、AUTOart  1/18 ランボルギーニ ウラカンLP610-4がベストプライス版となって販売されています。コアなミニカーファンの方は、とうにご存じだったかとは思いますが、新品を買い逃し、オークションサイトを日々チェックしている方にとっては、ありがたいですよね。

こちらは15000円程度から購入できるようです。ポイントバックのタイミングによっては実質13000円程度を狙えますよ。購入を検討される方は、宜しければ私のレビューを参考にしてみてください。

イエローなら、ホビープラザ とらや さんで、なんと10,780円の驚安プライス!!!
売り切れる前にダッシュです。

私の中では、やっぱランボはイエローかな?ボディーカラーがイエローならホイールはシルバーの方が好きかな?






ランボルギーニアパレル特集(楽天)

AUTOart 1/18 ランボルギーニ セスト エレメント

事情はわかりませんが、オートアートのセストエレメントが再販???
オークションではなく、新品が市場に出回っているようですね。


レヴェントンが発表されたときには大きな衝撃を受けましたが、このセストエレメントにもビックリしたものです。


コンセプトが違いますがレヴェントンと違って、ベース車両のガヤルドよりも遥かに軽量な仕上がりに、最近のランボルギーニの飛躍は凄いなと思いました。

TopGearでも、素晴らしいパワーウエイトレシオにリチャードが驚愕していますね。
  




リアデザインは、後継車のウラカンの礎になっていますね。


ウラカンには継承されませんでしたが、このエンジンフードも、独特なデザインで良いですね。


ランボルギーニアパレル特集(楽天)

再販 1/18 京商ランボルギーニミウラ

コアなミニカーファンの方々は、既にご存知かと思いますが、 何と、京商からミウラが再販されるのですね! しかもまつ毛付きのP400S。



更には、ミウライオタSVRも!!!


こちらは、少し前に発売された開閉機構無しのレジンモデル


全体のプロポーションは改善されたようですが、フロントグリル形状にやや難とのレビューも・・・

アマルガムは、フロントフェンダーが少しボリュームありすぎ?こんなもん? 究極美の代名詞ミウラの再現はとてもむずかいようですね。


やはり、まつ毛は無いけどオートアート???






ランボルギーニアパレル特集(楽天)

ランボルギーニガヤルド ミニカー特集

かつてランボルギーニには、「ベビー・ランボルギーニ」と呼ばれる一群の車種としてウラッコ、シルエットおよびジャルパがあった。しかし1990年代には、プロトタイプのカーラ(Cala)を除いて、フラグシップの12気筒(ディアブロ)以外の車種は揃えていなかった。2003年、ガヤルドはフラグシップ以外の車種として久しぶりに発表された。スタイリングはムルシエラゴと同様に、ベルギー人デザイナーのルク・ドンカーヴォルケによって主導された。車名は闘牛名に由来するものではなく、18世紀スペインの闘牛飼育家であるフランシスコ・ガヤルドから採られている。(出典:ウィキペディア) 




SE

2005年に発表されたツートン・カラーに塗装されたスペシャル・エディション。250台限定で生産された。ノーマルのガヤルドより1〜5速のギア比を低めた。専用の5本スポーク・ホイール「Callisto」を装着。ベースのボディ・カラーは4色(白、イエロー、オレンジ、グリーン)で、ルーフやエンジンボンネット、前後スポイラーとサイドミラーが黒に塗装された。 


ネラ

2006年9月、パーソナライゼーション・プログラムとして専用色の黒に塗装された185台が限定生産された。


LP550-2 ヴァレンティーノ・バルボーニ

2009年に発売された5.2L、V10、550psで2輪駆動の250台限定モデル。ネーミングの由来は、40年以上に渡ってすべてのランボルギーニの開発に携わり、テストドライバーも務めていたヴァレンティーノ・バルボーニに起因する。変速機は6速MTを標準設定とし、eギアはオプションとなる。リアデフのチューニングを最適化、リアアクスル用LSDも新たに開発。スタビライザー、ダンパー、コイル、タイヤ、ESPといったあらゆる部分を変更。 ある日、ヴァレンティーノは自分の名前のついた車に乗って帰宅。翌日の出勤途中にフェルッチオの眠る墓地にさしかかると「ありがとう」と、心の中でフェルッチオにお礼をするために車を止めたという。(出典:ウィキペディア)


LP570-4 スーパーレッジェーラ 2010

2008年にマイナーチェンジが行われ、大きく外観が変更された「ガヤルドLP560-4」をベースに軽量化とパワーアップを施した上位モデル。 2003年に発表されたスモールランボ、ガヤルドですが発売開始5年目に大きなマイナーチェンジが行われました。 ヘッドランプは小さく、より精鋭な顔つきに変更。 フロントバンパーも大きく、前方へ突き出した形状になりモダンな印象になりました。「スーパーレッジェーラ」では標準仕様から僅かに10馬力アップしていますが、重量は70kgも軽量になりました。 エクステリアも「スーパートロフェオ」の様なデザインのフロントバンパー、追加のサイドスカート、カーボン製リアウィングが追加されています。 インテリアにもふんだんにカーボンパーツが使用され軽量化に貢献しています。 またダッシュボードやバケットシートはアルカンターラが張り込まれ、よりレースライクに仕上がっています。


LP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ 2011


 

ガヤルドのワンメイクレースカー「スーパートロフェオ」の公道仕様車として150台限定で発売された。発売開始5年目に大幅なマイナーチェンジが行われましたが、「スーパートロフェオストラダーレ」ではレース車両と同じエンジンが搭載されているのが特徴です。 エクステリアは基本的に「スーパーレッジェーラ」を踏襲していますが、より放熱効果と軽量化をめざしたカーボン製エンジンフード、3倍のダウンフォースを発生させる大型のリアウィングが追加されています。 インテリアにもふんだんにカーボンパーツが使用され軽量化に貢献しています。 シートはレヴェントンやムルシエラゴSVなどに使われていたバケットシートが使われています。


LP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレ 2013

LP570-4 スーパートロフェオ ストラダーレは、2013年にマイナーチェンジが行われ、よりモダンなデザインに進化した「LamborghiniGallardoLP560-4MY2013」をベースにワンメイクレース仕様に仕立て直されたモデルになります。ニューデザインのエクステリアは世界中のサーキットで行われていた「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・チャンピオンシップ」の専用車両にも反映されることになりました。フロントバンパーにはカーボン製のチンスポイラー、カナードが追加されフロントのダウンフォースを強めています。 エンジンフードは排熱スリットが刻まれたカーボン製、スワンネック式のGTウィングも装備しています。 圧巻なのは純正のディフューザーを取り去り、新たにリア周りを囲うように装着されたリアディフューザーです。


GT3 FL2 2013
 

ライターエンジニリングが開発した2013年型をベースにしたFIA GT3クラスのレース専用モデルLP600+の後継マシン。


LP560-4 MY2013

2008年にヘッドライトの小型化などのマイナーチェンジが行われたガヤルドですが、2013年には更に多角形を多用した現在のランボルギーニにつながるデザインに変更されました。 フロントバンパーは三角形をモチーフとしたエアダクトが開口されています。 よりアグレッシブな印象になりました。 車体後方のデザインも変更され、アヴェンタドールやセストエレメントに通ずるデザインとなりました。

ランボルギーニアパレル特集(楽天)

ランボルギーニイオタ ミニカー特集

JOTA SVJ #4860 1977



JOTA(イオタ)アルミニウムボディ 1969

  
イオタ 1970 後期型

JOTAはボディデザインこそミウラをベースにしていますが、ボディ細部、内部構造などは全く異なった車両です。 ランボルギーニで製造された後、JOTAは特別な顧客に売却され、事故を起こし焼失してしまったので、当時の資料・写真等は限られた物になります。 弊社では長年に渡り資料を集め、ボディ外観だけでなく内部構造まで調べた上でモデル化しました。 固定式ヘッドライト、冷却の為に形状が大きく事なるフロントグリル、リフトを押さえる為のカナードなど大きく変更されたフロント周りはディティールも多く、楽しんで頂けます。 ドアやモノコックに打ち込まれた無数のリベット、拡幅されたリアフェンダーもオリジナルのJOTAだけのディティールです。 インテリアもミウラとは大きく異なります。 ダッシュボードの様な手が込んだものはなくモノコックの一部にメーターが直接付けられています。 サイドシルの太さが変わっているので、シートが中心寄りになりセンターコンソールもミウラより細くなっております。 



Lamborghini Jota SVJ #4892

 本モデルはミウラ P400SVをベースにオリジナルイオタのフェクトリーレプリカとしてモディファイが施された「イオタ SVJ」のシャーシナンバー“4892”を忠実に再現したモデルです。 ボブ・ウォレスにより製作されたオリジナルイオタは当時のランボルギーニの特別な顧客に大きな衝撃を与えました。 彼らはミウラをベースに、イオタのアピアランス、スペックを備えたスペシャルモデルをオーダーするようになりました。 シャーシナンバー#4892のランボルギーニイオタは長い間日本に存在していました。 京都のディーラーが輸入しスーパーカーブームの展示会などで注目を集めた一台です。 ミウラ P400SVをベースに固定式ヘッドライト、クイックフィラーキャップ、前後フェンダーのエア抜き、ボディ各部のリベットなどエクステリアに手が加えられました。 エンジンはどの程度のチューンが施されているのか明らかではありませんが、エアクリーナーを廃止し、エキゾーストもほぼストレート構造になっています。 ボディはメタリックピンクでペイントされ、今もその美しいボディは健在です。



漫画「サーキット狼」に登場する 「潮来のオックス」こと、関根英次(せきね えいじ)の愛車。



ランボルギーニアパレル特集(楽天)

メッセージ

名前
メール
本文
Link Free
JLMC
欲しい!気になる!フェラーリ ミニカー
激レアミニカー多数取り揃え
ラストホビー











マルティニストライプ













月別アーカイブ
記事検索
欲しい!気になる!ミニカー
















カテゴリー
最新コメント
QRコード
QRコード