少し暖かくなってきたと思ったら、また寒くなってしまいましたね。
気温が低く作業が進みづらい今時期は、せっせとイメージ作りに励みますw
カウンタックレーシングの改修において、現代GTデザインの影響を色濃くうけてしまっている脳をタイムスリップさせるため、Gr.5マシンを眺めてイメージを膨らませます。
Special Production Car1
レギュレーションが緩かった当時のデザインは、各メーカーの個性、哲学が反映された、伸び伸びとしたものでワクワクします。

Special Production Car3
ところで、シルエットフォーミュラというのは、日本の俗称であり、世界的にはSpecial Production Carと言うんですね。知りませんでした(汗)

Special Production Car2
グラウンドエフェクトカーは、シルエットフォーミュラ衰退の後に登場したので、ディフューザーはありません。

本も読んで勉強します。