レヴェントン(Reventón)は、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニが製造・販売したムルシエラゴをベースとしたスーパーカー。 車名の由来はドン・ロドリゲス家が所有していた闘牛の名前から取られている。 ムルシエラゴと比べ鋭角的な印象を強調したそのスタイリングデザインのモチーフはF-22(ステルス戦闘機)であるとデザイナーが発言している。フロント周りやリアの意匠は、後に発表されたムルシエラゴの後継車アヴェンタドールが採用しており、当車は実質的にアヴェンタドールのデザインスタディモデルだったといえる。 2007年フランクフルトモーターショーで初公開され、20台限定で販売された。なお21台目はランボルギーニミュージアムに展示されている。価格は100万ユーロ(日本円で約1億6,000万円)。日本には1台が輸入されている。 2009年、フランクフルトモーターショーではロードスターバージョンが公開された。クーペ版との違いはリア部分のブレーキランプの数程度でほとんど変わらない。ロードスターも日本に1台輸入されている。



ランボルギーニアパレル特集(楽天)